知覚過敏は歯周病などによって歯茎が退縮することでおこります

実際に歯周病になるとどんな症状が表われるのか気になる人も多いでしょう。

初期の段階においてはほとんど目立った様な症状などはない場合も多い様です。ブラッシングの際に出血が見られたり、口臭が気になる程度の症状が出る事もあります。

これらの症状はありがちですので、見過ごされやすい様です。更に進行すると、歯茎が後退したり、腫れや痛みを感じたりする事もあります。更にひどくなると、歯がぐらついたり、抜けたり、または周辺の組織などが溶けはじめたりする事もあります。

ずっと気付く事なく生活し、ひどくなってからようやく歯周病だという事に気が付く人もいます。普段から注意深く歯や歯茎の異常がないか、という事に意識を傾けてみましょう。

冷たいもの、熱いものなどを食べるとき歯がしみる不快感や痛みを感じたことはありませんか?

もしあてはまるなら、「知覚過敏」かも知れません。知覚過敏は歯周病などによって歯茎が退縮することでおこります。歯周病を防止することが大切です。定期的に歯医者へ行き、歯周病を予防しましょう。